遺族基礎年金

遺族基礎年金部分にいついて

亡くなった方によって生計を維持されていた

「18歳到達年度の末日までの間にある子のいる配偶者」

又は「子」に遺族基礎年金が支給されます。

子どものいない妻には支給されません。

遺族基礎年金を受けるためには、

亡くなった月の前々月まで、

公的年金加入期間の3分の2以上、

保険料が納付又は免除されていること。

または亡くなった月の前々月までの1年間、

保険料の未納がないことが必要である。

また、

亡くなった日から5年以内に手続きをしなければなりません。

無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る