2021年04月

葬儀後の遺族厚生年金の手続き

遺族厚生年金部分について 厚生年金に加入中の方が亡くなった時、 その方によって生計を維持されていた遺族に 遺族厚生年金が支給されます。 ①配偶者または子➁父母③孫④祖父母の中で優先順位の高い方 子のある配偶者、又は子には…

葬儀後の遺族基礎年金の手続きについて

『 遺族基礎年金部分にいついて 』 亡くなった方によって生計を維持されていた 「18歳到達年度の末日までの間にある子のいる配偶者」 又は「子」に遺族基礎年金が支給されます。 子どものいない妻には支給されません。 遺族基礎…

葬儀後の労災保険からの給付につて

「労災保険」と「雇用保険」を総称した言葉です。 会社員などが業務上または通勤途上の事故により無くなった場合、 労災保険から給付があります。 【 労災保険からの給付 】 労災の遺族(補償)年金は、 亡くなられた方に生計を維…

葬儀後の高額介護合算療養費

高額療養費のほかに、 医療費と介護保険の利用法の自己負担額が 著しく高額になる世帯には、 「高額介護合算療養費」の支給があります。 同一世帯の被保険者の医療保険患者負担分と、 介護保険利用者負担分を合算し、 年間の自己負…

葬儀後の高額医療費の手続き

高額療養費とは、 1ヶ月分の医療費で、基準を超えた分が 戻ってくる制度です。 国民健康保険や会社の健康保険などを 利用した医療費の自己負担分が、 一定額を超えた場合に、 超えた分の金額が「 高額療養費 」として払い戻され…

葬儀後の葬祭費の手続きについて

葬祭費用の補助金が受け取れます。 国民健康保険加入者が亡くなった場合は 「 葬祭費 」、国民健康保険加入者以外の方が亡くなった場合は、 「 埋葬費 」が支給されます。 ただし請求しないと支給されません。 葬儀後は忘れずに…

銀行預貯金過払い制度について

「 相続された預貯金債権の過払い制度 」 この制度により、 一定の金額までは相続人が単独で 預貯金を引き出せるようになりました。 法定相続分の3分の1まで、 最大150万までとなります。 残りの3分の2を引き出すためには…

遺言書がある場合と無い場合

【 遺言書が無い場合 】 相続人全員が話し合い、 「 誰が相続するか 」もしくは 「 誰が一旦代表として受け取るか 」が 決まれば解決することができます。 相続争いが勃発した場合や、 相続人の中に行方不明の方がいる場合な…

葬儀後の各種年金の手続き

故人が 生年金や国民年金を受け取っていた場合、 受給の停止をしなければなりません。 「 年金受給権者死亡届 」を提出する必要があります。 受け取っていない年金( 死亡月分 )は 未支給年金として請求できます。 ※故人が年…
無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る