遺言書がある場合と無い場合

【 遺言書が無い場合 】

相続人全員が話し合い、

「 誰が相続するか 」もしくは

「 誰が一旦代表として受け取るか 」が

決まれば解決することができます。

相続争いが勃発した場合や、

相続人の中に行方不明の方がいる場合などは、

相続人全員の意見がまとまらず、

いつまでも口座の凍結解除ができない状況になります。

【 遺言書がある場合 】

公正証書遺言書などがあり、

貯金を所得する人と遺言執行者が定められている場合、

手続きが非常に簡素になり、

基本的には

被相続人と遺言執行者関係の書類をそろえれば解除できます。

無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る