労働保険

労働保険とは、

「労災保険」と「雇用保険」を総称した言葉です。

会社員などが業務上または通勤途上の事故により無くなった場合、

労災保険から給付があります。

【 労災保険からの給付 】

労災の遺族(補償)年金は、

亡くなられた方に生計を維持されていた

配偶者・子・祖父・孫・祖父母・兄弟姉妹が

順番に受けることができます。

しかし、

妻以外の人は一定の条件に該当することが必要になります。

遺族(補償)一時金は、

年金の受給資格者がいない場合に、

配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹の順に受け取れます。

また、

遺族厚生年金や遺族基礎年金を受けられる人は、

一定の調整をした上で、労災保険からの遺族給付も受けられます。

他に死亡したときの給付として、

労災保険には葬祭料(葬祭給付)があります。

健康保険の埋葬料は「埋葬」の費用ですが、

労災保険の葬祭料は、埋葬料だけでなく

儀式全般の費用を補償するものなので、

労災保険の方が手厚い額になります。

雇用保険による基本手当(失業給付)を

受給中の方が亡くなった場合、

生計を同じくしていたご遺族は、

死亡の日の前日までの未支給失業等給付を受けることができます。

雇用保険による他の失業等給付を受けられる方が

亡くなった場合も同様です。

無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る