預貯金過払い制度

相続された預貯金債権の過払い制度

この制度により、

一定の金額までは相続人が単独で

預貯金を引き出せるようになりました。

法定相続分の3分の1まで、

最大150万までとなります。

残りの3分の2を引き出すためには

やはり遺産分割の確定が必要となり、

故人の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書、

遺産分割協議書などを添えて

金融機関での手続きを行います。

仮払いを受けた場合は、その金額分を

遺産分割の際に、

相続額から差し引かれます。

その他、

家庭裁判所の保全処分で

仮払いの必要性があると認められる場合、

他の共同相続人の利益を害さない限り、

家庭裁判所の判断で過払いが認められるようになりました。

引き出し額に上限はなく、

申立額の範囲以内で必要性が認められれば、

特定の預貯金の全部を所得することもできる点が

メリットですが、家庭裁判所への申立てなど

煩雑な手続きが必要になります。

【 預貯金仮払い制度の案内 】

預貯金の引き出しや名義変更を行うのに必要な書類

遺言書が無い場合

銀行

・故人の戸籍謄本( 生まれてからの分 )

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書

・相続人全員の実印が押された銀行所定の用紙(相続届)

・遺産分割協議書

郵便局

・故人の戸籍謄本( 生まれてからの分 )

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書

・名義書換請求書等

・同意書または遺産分割協議書

遺言書がある場合

( 預貯金の引き出しや名義変更を行うのに必要な書類 )

・遺言書

・遺言者の除籍謄本

・遺言執行者の印鑑証明書

・遺言執行者の実印を押印した払戻依頼書

 

 

 

 

無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る