葬儀のあと

各種手続をする前に

葬儀が終わって、 初七日・四十九日法要の準備など。 数多くのやるべきことが待っていますが、 法的な手続きも大変です。 各種手続きには締め切りがあります 優先順位を決めて取り組みましょう。 法律的な手続き 遺産分割をはじめ…

葬儀の手続き故人の貯金口座について

金融機関は口座名義人の死亡を知った時点から、 その預貯金の口座を停止する義務があります。 これを「 凍結 」と呼びます。 口座が凍結されると、 引き出すことも入金することも、 また電話代や電気料金などの口座振替も全てでき…

お葬式が終わってからまず初めに行う事

お葬式が終わってからまず初めに行う事
弔問に来られた方への対応 通夜式・葬儀式に参列できなかった方が、 後日自宅に来られることがあります。 香典を差し出される事があるので、 返礼品の準備を葬儀社の方に相談しておきましょう。 お香典は積み重ねず、そのつど別の場…

葬儀後の医療保険について

病院で入院中に 亡くなられるケースが多いですが、 その間の入院が 医療保険の対象となる場合 遺族の方が請求できます。 その際は忘れずに請求しましょう。 必要書類関係は 保険会社に必ず確認してください。

葬儀後の生命保険の手続き

【 生命保険について 】 生命保険の種類には ・保険会社の生命保険 ・郵便局の簡易保険 ・共済の生命共済 ・勤務先の団体生命保険 などがあります。 これらは請求をしなければ 受け取ることができません。 どんな保険に加入し…

葬儀後の遺品整理・形見分け

【 遺品整理 】 遺品とは 残された品物ですので、 それは故人が生前に愛用していた物や 思い出の品を中心として様々の物を意味します。 遺族は遺品を適切に仕分けし、 大切な物をきちんと整理するとともに、 不要な物を処分しな…

葬儀後の所得税の準確定申告

【 準確定申告 】 故人のその年の1月1日から 亡くなった日までの所得を計算して、 故人に納付すべき所得税がある場合、 相続人は所得税の申告を行わなければなりません。 これを準確定申告といいます。 準確定申告は、 原則と…

葬儀後の児童扶養手当について

児童扶養手当制度は、 これまでは、 公的年金 (遺族年金・障害年金・老齢年金・労災年金・遺族補償など) を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、 平成26年以降は、 年金額が児童扶養手当額より低い方は、 その…

国民年金の死亡一時金について

自営業者など第1号被保険者に対する 独自の給付になります。 保険料を36ヶ月以上納めた人が、 老齢基礎年金も障害基礎年金も貰わない ままで亡くなったとき、 その遺族に支給されるものです。 この場合の遺族とは、 亡くなった…
無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る