【 家族葬に適した式場選びのポイント 第1回 】

式場選びのポイント第一回  

会館式場の場所がどこにあるかがポイント!!

会館・式場が、自宅から近いこと

・自宅に副葬品(柩の中に入れてあげたいもの)を忘れてしまった。

・葬儀・還骨・初七日・自宅での後祀り(49日法要)の準備が終わるのは平均16時00分~17時00分です。

 式場から自宅が近いことで、少しでも早く自宅にお戻りいただき、お休みいただくことができます。

会館・式場が、火葬場から近いこと

・河内長野市営斎場の火葬時間は約2時間となっております。

 この2時間の間に斎場から会館・ホールに戻っていただき、精進料理を食べ斎場へ収骨に上がります。

 会館・式場が火葬場に近いことで、時間に余裕をもちながら、ゆっくりと大切な方をおくりだすことができます。

会館・式場の近くに、駅やバス停、タクシーの営業所があること

・遠方にお住まいの親戚・家族様の中で、電車やバスを利用してお越しただく際に便利です。

・会館・式場の近くに、タクシーの営業所があると便利です。

 すぐに対応していただけます。

※幹線道路沿いの会館・式場のメリットデメリット

【 メリット 】

会館・式場の場所が分かりやすい

・会館・式場が分かりやすことで社葬・一般葬にとても適している

【 デメリット 】

・交通渋滞のリスクがあります

・駐車場への出入りが大変です

・密葬には適しません

まとめ

会館・式場を選ぶ時はまず自宅や火葬場に近い会館・式場を選択することをお勧めいたします

この記事を参考にしていただき、後悔のないおくりだしをしていただく為の会館・式場選びをして下さい。

第2回では式場の間取りについてご説明いたします。

 

 

無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る