永代供養

永代供養|お墓を”持たない”という選択

近年、無縁仏と呼ばれる、掃除などの管理をする新族のいないお墓が増えていると言います。このような中で、一般的なお墓を持たないという選択が注目されています。

 

永代供養とは

永代供養とは、様々な理由でお墓参りに行けない遺族の方に代わって、霊園や墓地の管理者が遺骨を預かって、供養や管理を行ってくれる供養方法のことです。
よって、永代供養をすると、お墓は霊園や寺院が永代に渡って全て管理してくれるため、子孫がお墓を継承する必要はありません。
お墓の跡継ぎがいない方や、お墓を持っていないという方から人気が高まっています。

 

永代供養墓の種類と費用

永代供養墓には、ご家族や親しい方、お一人で入るお墓など他のご遺骨と区画を分けて個別に埋葬した後に、【一定期間を過ぎて合祀】されるものと、【最初から合祀】されるお墓の2種類があります。いずれ合祀されるという点では同じですが、亡くなってから一定期間は個別に入るか、最初から他の人と合祀されるお墓に入るかという違いがあります。一般的なお墓や樹木葬、納骨堂といったお墓の種類の中で、はじめから合祀するタイプと、区画を分けて納めるタイプが存在します。

樹木を墓標とする「樹木葬」

樹木葬とは、墓石の下に遺骨を埋葬するのではなく、樹木を墓標として遺骨を埋葬する比較的新しいお墓の種類です。樹木の下に遺骨を埋葬することによって、自然に還ることができるという考え方で人気が高まっている自然葬のうちの一つです。

樹木葬には主に3つのタイプがあり、シンボルとなる大きな樹木に他の方の遺骨と一緒に埋葬する合祀型の樹木葬と、シンボルとなる樹木の下に埋葬するのですが、区画を分けて個別に埋葬する集合型の樹木葬、1本の樹木を個別に用意して、その樹木の下に遺骨を埋葬する個別型があります。

樹木葬の費用
タイプ 費用
合祀タイプ 50,000円~200,000円
集合型樹木葬 150,000円~600,000円
個別型樹木葬 200,000円~800,000円

 

駅近の好立地も選択できる「納骨堂」

納骨堂は、遺骨を納骨する建物のことです。納骨堂には、ロッカー式、仏壇式、機械式など様々な形態があります。納骨堂の形式で、最も知名度が高いものがロッカー式です。ロッカーのように区切られた壇が壁一面に並んでいて、そこに遺骨を納骨します。スペースは狭いのですが、その分費用を抑えることができます。納骨堂は、特に墓地用地が不足している都心部で増加傾向にあります。

 

納骨堂の費用
タイプ 費用
仏壇式 300,000円~2,500,000円
機械式 500,000円~1,500,000円

 

費用が安価な合祀タイプの「永代供養墓」

合祀タイプは、最初から他の方の遺骨と一緒に埋葬する永代供養墓です。他の人の遺骨と一緒に納骨するので、後から遺骨を取り出すことはできません。一般的に合祀タイプは、費用が3万円~10万円程度と最も安く抑えられます。管理のみで費用を安価に抑えるために、ゆうパックを使って遺骨を寺に配達し永代供養を行うサービスなどもあります。

公営の施設も比較的低価格で使用できます。

民営の寺院や霊園は多少価格が上がりますが、管理だけでなく、春秋のお彼岸やお盆には合同法要が行われたりするなどのサービスがある場合もあります。毎日住職が読経してくれる場合や、お盆やお彼岸の供養だけのところ、お願いするお寺や霊園により費用に差があります。基本的に年間管理費はかかりません。

 

費用・維持費

永代供養墓を求める際に申し込み費用を支払いますが、その中に含まれるものをしっかり確認しておきましょう。通常、永代供養墓の費用の中には、すべて必要なものが含まれることになっています。しかし、場合によっては管理費やお布施などが別に必要となるケースもありますので、契約前によく確認するようにしましょう。

 

確認すべき項目
  • 申し込み者の単位
  • 施設の状況
  • 納骨スペースの広さ
  • 納骨期間や法要の回数

 

今あるお墓から永代供養墓に変えることは可能?

現在一般的なお墓をお持ちの方が、跡継ぎや管理が不要な永代供養墓に変更したいという場合、お墓の引っ越しを行うことが可能です。使用していたお墓をたたむ「墓じまい」を行ったのち、お墓の引っ越し(改葬)を行います。

<変更の手続き方法>

  1. 今あるお墓に関する手続き
  2. 改葬許可申請書の手続き
  3. 移転先のお墓と契約
  4. 市区町村役場に改葬許可申請をする
  5. 閉眼供養(魂抜き)をする
  6. 新しいお墓に納骨する

その他
古いお墓は撤去する作業が必要ですので、石材店に相談しましょう。

お墓を永代供養墓に変更する際にかかる費用

  • 離檀料
  • 墓石の撤去費用
  • 永代供養墓に入るための費用

 

無料お見積もり・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る